32レッドカジノのAtlantic City Blackjack

32レッドカジノのAtlantic City Blackjackというブラックジャックのゲームの遊び方をご紹介します。

ちなみにこのオンラインカジノでは、ブラックジャックだけのゲームでも42種類ありますので、
微妙にルールが違うゲームなどもあり、色んな楽しみ方ができます。

このゲームはブラックジャックを遊んだことがある方なら、簡単にプレイすることができますし、
初めての方でも、簡単なルールなので、すぐに覚えられると思います。

どんな方でも、おすすめできるゲームであり、オンラインカジノでは定番です!

32レッドカジノ

これがゲームのプレイ画面になります。

モードは有料モードとプラクティスモードの二種類があり、
有料モードでは、実際のリアルマネーを賭けてのプレイができ、
負ける場合もありますが、勝った場合は換金することができます。

プラクティスモードは言い換えれば無料モードであり、 仮想マネーで実際お金を賭けることなく、
プレイができますので、 練習はもちろん、普通のゲームとしても十分楽しめます。

ちなみに、ゲーム自体の仕様は有料やプラクティスモードのどちらも同じです。

まず、200と書いてあるチップが丸い枠の中に置かれているので、
その場所をクリックするとチップを追加でき、右クリックでチップを減らすことができます。

そして、下の方にも、同じ200と書いてあるチップがあるのですが、
マイナスとプラスのボタンがあるかと思います。

そのボタンでは、チップの単位を変更することができます。

今回は無料モードなので、張り切って最大の200チップでプレイしました。

賭けるチップを決定したら、右下のディールというボタンでゲームを開始できます。

32レッドカジノ

ディールを押すと、二枚のカードが配られますので、次の選択をします。

この場合は、自分のカードの合計が11となっており、ディーラーのオープンカードは5なので、
ディーラーの現時点の合計は、7~17と予想できます。

この場合、ディーラーがバーストする可能性もあり、 自分の合計は11なので、
もう一枚引くことに一切リスクはありません。

また、11の場合はブラックジャック(数字が21)となる確率が上がるため、
勝つ可能性はいつもより、高くなっています。

なので、ここは儲けどころだと判断し、ダブル(更に最初のベットと同じ額を賭ける)をしました。

32レッドカジノ

その後、自分の合計は18となり、ディーラーは17となりましたので、
ベットした総額の2倍を配当として、受け取りました。

32レッドカジノ

このように自分のリスクが低いときにベットを増やすというのも、一つの手かもしれませんね。

2回のプレイで800ドルの仮想マネーをゲットしたので、これがリアルマネーであれば、
日本円にして、8万相当の現金となっていますが、 実際の有料プレーでは、
自分が負けてもいい範囲でプレイするのが一番いいと思います。

オンラインギャンブルの中でも、自分の判断で勝負が決まるという点では他のギャンブルよりも、
ブラックジャックが優れているといえるでしょう。

また、一番攻略しやすいのもブラックジャックかもしれません。
当サイトがおすすめしている攻略法を使ってブラックジャックを攻略してみませんか?

オンラインカジノの攻略法はこちら⇒

32レッドカジノに登録して、Atlantic City Blackjackを攻略してみませんか?

32レッドカジノ

32レッドカジノの詳細はこちら⇒

32レッドカジノの新規登録方法はこちら⇒

32レッドカジノの入金方法はこちら⇒

32レッドカジノのボーナスの詳細はこちら⇒

32レッドカジノのThe Dark Knightの遊び方はこちら⇒

32レッドカジノのMulti-Player Roulette Tableの遊び方はこちら⇒

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ